MENU

コドミンの成分が気になる!子どもに飲ませても大丈夫?

コドミンには小さな子どもにとって負担になる成分や、刺激の強い成分は含まれていないのでしょうか。

 

配合されている成分と、期待できる効果について紹介します。

 

→コドミンの効果について詳しくはこちら

 

どんな成分が入ってるの?

コドミンには、あまり聞きなれない名前の成分も含まれています。

 

中でも特徴的なのがホスファチジルセリンです。ホスファチジルセリンは大豆の中にわずか0.003%程しか含まれない希少な成分です。

 

ホスファチジルセリンは脳の情報伝達能力を向上させ、集中力や反射能力を向上させる効果が期待できます。しかも植物由来なので、副作用のリスクも低いんですよ。

 

勉強やスポーツに集中したい子どもには、特におすすめです。ただし、毎日一定の量を摂取しなければ、効果はのぞめません。

 

ホスファチジルセリンの効果を得るためには、1日につき100mg〜300mgほど摂取する必要があると言われています。それだけの量のホスファチジルセリンを摂取するためには、実に3.3kgもの大豆を食べなければなりません。

 

大人でも食べるのが大変な量なのに、子どもに食べさせるのはあまり現実的ではありませんよね。コドミンなら1粒飲むだけで、1日に必要な量のホスファチジルセリンを摂取できます。

 

→コドミンの成分をもっと知りたい方はこちら!

小さな子どもも飲みやすい!

コドミンには他にも、子どもに飲ませやすい工夫がたくさん詰まっています。

 

医薬品よりも安心!

近年では子どものADHDについて理解が深まっています。しかし、治療にあたって、小さな子どもに薬を飲ませるのは心配という親御さんも多いのではないでしょうか。

 

サプリメントなら医薬品と違って、体の負担になる成分や刺激の強い成分は含まれていません。副作用が心配な親御さんにもおすすめです。

 

国産だから安心!

コドミンは健康食品GMP認定を受けた、国内の優良工場で製造されています。医薬品と同じレベルの品質管理が行われているので、安全性も高いんですよ。

 

薬が苦手な子どもでも安心!

薬を飲むのが苦手なお子さまの場合、たとえサプリメントでも、毎日飲んでくれるか心配ですよね。コドミンはお菓子感覚で、噛んで食べられるサプリメントです。

 

子どもが好むラムネ味なので、自分からすすんで飲んでくれると、親御さんからも好評です。

 

こんな悩みのある方に・・・

コドミンは、こんな悩みのあるお子さまにおすすめです。

 

  • 注意してもいう事を聞かない。
  • かんしゃくを起こしやすく、叱るとひどくなる。
  • 授業中に抜けだしたり、外出先で迷子になったりする。
  • 集中力が長続きせず、じっとしていられない。
  • 興味のあることに熱中しやすく、周囲に気を配れない。
  • 先生や保育士さんからよく呼び出される。
  • 友達と仲良く遊べない。
  • 学校や保育園に行くのをいやがる

 

また、子どものしつけや育て方に悩んでいる親御さんにもおすすめです。

 

  • つい厳しくしかってしまい、子どもに対して罪悪感を感じる
  • 子どもが心配で、安心して外出したり、自分の時間をもったりできない
  • 子供の育て方について、配偶者やその両親から責められたり注意を受けたりする
  • 子供の将来が心配なのに、改善するための方法がわからない

 

ひとつでも心当たりのある方は、ぜひ試してみてください。

 

→早速コドミンの公式サイトへ!